中性脂肪減少の調理方法は酢が決め手

 

中性脂肪値を増加させないよう、体にため込まないようにする調味料があるそうなんです。家庭に必ずあると言ってもいい、日本人にとても馴染み深いこの調味料とはどのようなものなのでしょうか。

 

酢

 

中性脂肪の蓄積を防ぐ調味料は「酢」

 

中性脂肪に効果を発揮するとして、今、の存在に注目が集まっています。酢は、日本人にとっても馴染み深い調味料であるため、酢を使う料理も多くあります。

 

そんな酢をうまく活用することで、中性脂肪の増加を抑制することができるというのです。それはどのような仕組みなのでしょうか。

 

酢に含まれる成分が中性脂肪に効く

 

酢にはクエン酸などの酢酸が多く含まれています。この酢酸が中性脂肪を減少させるというデータがあります。

 

「お酢」でメタボ予防ができる? 「内臓脂肪」「血中中性脂肪」が減った」】(J-CASTニュースより)

 

あの酢の大手メーカーミツカンが行った実験によると、毎日酢を摂取した場合、血液中の血中中性脂肪の他、皮下脂肪内臓脂肪まで減少したといいます。酢を摂取するのを中断すると、せっかく減少した数値が上がったというデータもあり、毎日摂取し続けることが大切であることが分かります。

 

酢は、そのまま飲むとその刺激によって胃が荒れる可能性もあるため、毎日の料理などに活用することで、酢の成分をスムーズに取り入れることができます。