中性脂肪を減らしたいなら消化酵素リパーゼを増やせ

 

私たちの体の中には酵素と呼ばれる成分が生成されています。しかし年齢とともに年々減少の一途をたどります。

 

酵素は脂肪を燃焼させる働きを持つ、中性脂肪が気になる人にはどうしても必要な成分です。そのため、酵素の減少を食い止めなければいけません。どのような方法があるのでしょうか。

 

腸内環境

 

体内酵素は中性脂肪を減少させる

 

私たちの体の中には酵素という成分が存在しています。

 

消化酵素


食べた食事を消化したり分解したりし、それらから栄養素を取り込む

 

代謝酵素


新陳代謝や免疫力のアップなどすべての生命維持に関わる

 

酵素にはこの2つの種類がありますが、実は消化酵素の中に、中性脂肪を改善させる働きがあるある成分が隠されているのです。

 

消化酵素はさらに3つに分かれます。

 

  • 炭水化物を分解するアミラーゼ
  • タンパク質を分解するプロテアーゼ
  • 脂肪を分解するリパーゼ

 

脂肪を燃焼するリパーゼこそ、中性脂肪の解消に大きな働きをする成分なのです。リパーゼには脂肪細胞に溜まってしまった中性脂肪も、また血液中の中性脂肪も、どちらも分解する力があります。そのため中性脂肪値の減少に期待が持てるのです。

 

リパーゼを増やすためには

 

リパーゼが体内で多く作られるのをサポ―トするためには、腸内環境を整えることが一番です。そのためには、腸内の善玉菌を増加させる必要があります。善玉菌を増加させるためには、乳酸菌やビフィズス菌などを積極的に摂取することです。

 

また、発酵食品もとてもいい働きをします。例えば、味噌や納豆などがおすすめです。酵素は熱に弱いという性質を持っているため、加熱せずに食べるといいですね。