健康オイルで中性脂肪を減らす

 

油にあまりいいイメージを持っていない人が多いと思いますが、実は健康にとてもいい働きをする油があるんです。太りやすいと思われがちな油ですが、中性脂肪を減少させる効果を持つものもあり、その選び方や摂取方法が重要となります。どのような油を選べばいいのか見ていきましょう。

 

オイル

 

選ぶべき油とは。そしてその油の黄金バランス

 

油は、大きく分けて2種類あります。

 

肉類や乳製品、ラードやバターなどに多く含まれる飽和脂肪酸

ナッツや植物に多く含まれる不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸には、炭素の結びつきが1つだけの一価不飽和脂肪酸と、2つ以上の多価不飽和脂肪酸があります。

 

飽和脂肪酸は多く摂りすぎると、さまざまな病気の原因となりますが、まったく摂取しないのも実はダメなのです。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の黄金バランスはこのようになります。

飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3

 

不飽和脂肪酸のおすすめオイル

 

不飽和脂肪酸は大きく分けて3つあります。

 

  • オメガ3脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)

青魚やエゴマ油、亜麻仁油、インカインチオイル、チアシード、アーモンドやくるみなどのナッツ類

 

  • オメガ6脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)

コーン油・ゴマ油・大豆油・紅花油・サフラワー油・綿実油・グレープシードオイルなどの植物油やアーモンドやくるみなどのナッツ類

 

  • オメガ9脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)

オリーブオイル・キャノーラ油・ひまわり油・ヤシの実・米ぬか油・カシューナッツ・アボカドなど

 

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は必須脂肪酸といい、体内で合成不可能な脂肪酸です。オメガ9脂肪酸は体内合成が可能です。

 

体内で合成不可能なオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は積極的な摂取が必要であると思われがちですが、不足しがちなのはオメガ3脂肪酸のみで、オメガ6脂肪酸が不足することはあまりないと言われています。

 

オメガ6:オメガ3=4:1

このバランスが黄金比であると言われています。