食べ物にも気をつけよう

多く摂り過ぎると、体に蓄積され病気へと発展させるおそれのある中性脂肪。 自分では気づかないうちに症状は進み、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などの命にかかわる病気になる可能性もあるため 日頃からの注意が必要です。 まずはこまめな検診が必要ですがその検診の結果、中性脂肪の数値が芳しくなかった場合、どのようにすれば改善の方向へ向かうのでしょうか?

 

 

医師の治療以外に自分でも出来ること。それは毎日の食事の管理です。 人間にとって毎日の食事は非常に重要なこと。 中性脂肪も毎日の食事によってため込まれていくものですから、まずは食事を見直すことがとても大切なことです。

積極的に摂りたい食品

DHA・EPAを含む青魚

青魚に多く含まれるDHAとEPAは中性脂肪を効果的に減少させる成分として有名です。 不飽和脂肪酸であるこれらの成分は血管をしなやかに、血液をサラサラにし、動脈硬化を防いでくれます。 中性脂肪が減少することによって、それに比例し悪玉コレステロールも減少させることが出来るので、 青魚は積極的に摂りたい食品のひとつです。

 

 

青魚が中性脂肪に効果的な理由として、多価不飽和脂肪酸であるDHAとEPAが豊富に含まれているからです。 このDHAとEPAを多く含む青魚は、マグロ・ブリ・サバ・サンマ・ウナギ・イワシ・サケ・アジ・アナゴ・カツオなど。 これらの成分は中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。 これによって必然的に悪玉コレステロールをも減少させてくれる効果抜群の成分です。

 

青魚に含まれる成分DHA・EPA

青魚に多く含まれる成分はDHAとEPA。 DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸が正式名称です。 これらの成分は多価不飽和脂肪酸の中でもαリノレン酸と同じオメガ3系脂肪酸に分類され、 血液サラサラ効果の高い脂質のひとつです。 DHAは脳の働きに大変効果があり、EPAは血液の流れを良くする効果に長けています。 どちらも中性脂肪減少には欠かせない成分です。

 

効果的な摂取方法

中性脂肪に効く青魚を効果的に摂取し、その効果を倍増させましょう。 青魚に多く含まれるDHAとEPAは光や熱に強くないため、新鮮なうちに生でいただくことが一番効果的です。 酸化しやすいため、ビタミンEやビタミンCといった抗酸化作用の強い成分と一緒に摂取することも良いでしょう。 また、加熱した際流れ出した栄養素も一緒に摂ることのできるレシピがおすすめ。 手軽に補えるサプリメントを取り入れることもマル。
DHA・EPAサプリの失敗しない選び方の解説ページへ

 

食物繊維・ビタミンミネラルを含む野菜

 

野菜の中でも、特に根菜類に多く含まれている食物繊維は、腸内環境を整えてくれる成分としてとても有名です。 体の中の有害成分を解毒・排出してくれる効果があるため、中性脂肪の増加防止に効果的です。 また、中性脂肪が小腸より吸収されるのを防ぎ、善玉コレステロールも増やすと言われています。 6大栄養素のうちのひとつであり、大変重要な栄養素ですが、摂取不足になることが多いため、 日頃からこまめに摂取することが大切です。

 

中性脂肪を減らすビタミン・ミネラルとは

中性脂肪を減少させる効果のある成分としてビタミンとミネラルがあげられます。 ビタミンの中でも特にビタミンB群は脂肪燃焼効果に長けており、糖質が中性脂肪に変わるのを防いでくれます。 またビタミンCやビタミンEは抗酸化作用に優れているので、一緒に摂ると活性酸素によって中性脂肪が過酸化脂質化するのをストップする効果があります。 ミネラル群は中性脂肪の原料である糖質の消費を促してくれます

 

トマトに含まれるリコピンが中性脂肪から血管を守ってくれる

最近中性脂肪値減少に効くと言われ大注目の成分がリコピン。 リコピンの特徴は赤色で、赤い色をした野菜や果物に多く含まれています。 その中でも特に多く含まれているのがトマトです。 生トマト以外にトマトジュースでも代用できるとの事で、その手軽さにも人気の秘密が。 その高い抗酸化作用から中性脂肪の増加を防ぎ、血液サラサラ効果があると言われています。

 

以上のような食品を選ぶように心がけることで、中性脂肪の値は少しずつ改善されていきます。

 

その他の成分

血液サラサラ・動脈硬化予防に効果的な成分

DHA・EPAのほか、次のような成分も効果があると言われています。日ごろの食事に一品加えると効果的です。

  • 納豆に含まれるナットウキナーゼ
  • 赤ワインに含まれるポリフェノール
  • パームオイルに含まれるトコトリエノール
  • ニンニク

 

運動の効果を高める成分

ダイエットに効果的な成分は、中性脂肪の減少にも効果があります。運動の前に摂ると効果的です。

  • 黒酢に含まれるアミノ酸、クエン酸
  • 唐辛子に含まれるカプサイシン

 

脂肪の排出を助ける成分

次の成分は、脂肪分が体に吸収される前に、体外に排出する働きがあります。食事の前に摂取しておくと効果的です。

  • 甲殻類のカラに含まれるキトサン(青汁でもキトサン配合のものがあります)
  • 烏龍茶に含まれるカテキン、重合ポリフェノール
  • 難消化性デキストリン