中性脂肪が高いままだとこんなに危険

元々は体にとって必要な要素であるはずの中性脂肪。 しかし多く摂りすぎてしまうと、体に蓄積された中性脂肪は重大な病気を引き起こしてしまうのです。

 

では、その病気とはなんでしょうか? かかりやすい病気はさまざまですが、一般的に多いと言われているのが、「脂質異常症」です。 脂質異常症とは、血液中の脂質の量が基準値より異常に高い場合を言います。(異常に低い場合も脂質異常症と呼びます) 脂質とは中性脂肪やコレステロールのことで、最近良く耳にするようになった、いわゆる「ドロドロ血液」になってしまった 状態のことです。

 

このような状態になってしまっても、体にはなんの変化もなく、いつもとなんら変わりなく日常生活を送ることができます。 気づかないうちにどんどん状態が悪化してしまう病気・・・それがサイレントキラーを呼ばれる所以なのです 。

 

脂質異常症が悪化していくと、血管の内側にコレステロールがつまりせまくなり、血管が硬くなってしまう動脈硬化を引き起こす原因になります。 動脈硬化をきっかけに、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの心臓の病気、高血圧などの危険な病気へと発展させてしまうのです。

 

日本人の死亡原因1位はガンですが、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの病気が2位と3位を占めていることから、どのくらい気をつけなければ いけない病気なのか、良くわかりますね。

 

また、近年話題になった「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪型症候群)にも、この中性脂肪が大きく関わっていると言われています。 メタボリックシンドロームとは、皮下脂肪よりも内臓に多く脂肪がついている状態のことで、この状態に脂質異常症や高血圧などの症状が 伴っている人のことを呼びます。 中性脂肪が多い人ほど、メタボリックシンドロームになる可能性が高くなるというわけです。

 

メタボリックシンドロームの人は、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる重大な病気を引き起こしやすく 、特に注意が必要です。

 

脂質異常症が引き起こす代表的な病気

動脈硬化

中性脂肪が多く摂取しすぎると消費しきれず体内に蓄積します。 その中性脂肪が多くなると血管内に流れる血液の流れを妨げます。 血液がスムーズに流れなくなると血液はドロドロに、血管は硬くなり、しなやかさを失ってしまいます。ドロドロになった血液は詰まりやすく、また柔軟性を失った血管は破裂しやすくなります。 動脈硬化の症状は分かりにくく、重篤な病気へと発展してから気付く人が多いため、注意が必要です。

 

脂肪肝

食事により摂取された栄養素は肝臓で中性脂肪へと変化します。 消費されず余分に摂取された中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられますが、肝臓にも蓄積されます。 脂肪が皮下脂肪へと蓄積されると肥満として外見に現れますが、それと同様、肝臓も肥満傾向になるということです。 脂肪肝は動脈硬化と同じく症状が出ない病気のため進行しやすく、肝硬変や肝臓がんなど、 命にかかわる病気へと進行する場合があります。

 

 

関連ページ